ポップコーン起業家

ポップコーン起業家

2.5

【最年少タイムバンク上場者】
渋川 駿伍 -shungo shibukawa-(21)
『自分がワクワクするか。そしてそれを周りの皆んなにもワクワクしてもらえるか。』
が行動指針の起業家。
人生のミッションは、社会のワクワクの総量を増やすこと。

《経歴》
地元長野の高校卒業後、実社会で学びを深めようと1年間のギャップイヤーを経験。
高校生カフェのオーナーをしたり、日本をヒッチハイクで周りながらお金を使わない実験をし、信用経済について考えたりしながら価値観のアップデートを繰り返す。
この間、自ら計23個のプロジェクトを立ち上げたことから「シリアルプロジェクトクリエイター」として名乗りをあげる。

現在はその経験を元に、MITのMicroMastersというオンラインで学士課程を勉強できるコースで、新しい時代の学び方を体現しつつ、教育に対する問題意識から「教育コンテンツを持たない学校」(株)noFRAME schoolsを起業。現在は学習ログのシェアサービス『LADDER』、チャット型のコンシェルジュサービス『学習コンシェルジュ』を運営。 そうかと思えば、『JAPOCO』通称日本ポップコーン協会の会長を務め、日夜ポップコーンを弾けさせていたりもする。


つまりは、ポップコーン起業家です!!

男性
1998/04/24
経営者
¥2.5/秒
45億円

今すぐ始めよう!

アプリをダウンロードして30秒で登録完了!
今すぐ始めよう!