塩谷 直義

塩谷 直義

¥38.7/秒0%

時間を購入する

プロフィール

性別:男性
誕生日:1977-12-27
カテゴリ:クリエーター
秒単価:¥38.7/秒
時間総額:488億円

時間総額計算式:(男80歳/女86歳)- 現在年齢) × 365日 × 24時間 × 3600秒 × 現在秒単価

経歴

アニメーション監督(PSYCHO-PASSシリーズ)


山口県生まれ アニメーション監督・演出のお仕事。【監督作:PSYCHO-PASS サイコパスシリーズなど】

経歴
1990年代からアニメーターとして業界の仕事を始め、数多くの作品に参加。
2000年代に入り、アニメーション演出の仕事に転向。

2007年にオリジナル作品「東京マーブルチョコレート」で初監督する。
「東京マーブルチョコレート」は、同年の第20回東京国際映画祭に参加。また、 2008年に韓国で行われたSICAF 2008にて、本作が長編部門グランプリを受賞した。

2012年には、『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』を劇場作品を初監督。
同年8月、カナダ・モントリオールで開催された第16回ファンタジア映画祭にて、フランス最大のファンタスティック・SF映画専門誌「L’Écran Fantastique」のスタッフの評価により与えられる「L’Écran Fantastique賞」を受賞。「見事なカット割り、まるでラヴクラフト神話から飛び出したかのような恐ろしい動物寓意集、テクスチャーやライティングの巧みな駆使。本作品は日本のアニメーションのみならずファンタジー・ホラー映画ファンをも魅了する傑作アニメーション映画である。」と高く評価された。

また、2012年10月から放送のフジテレビ「ノイタミナ」にて、オリジナルテレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』を監督。
2014年7月から9月までテレビアニメ第1期の新編集版が、同年10月から12月にはテレビアニメ第2期『PSYCHO-PASS サイコパス 2』が放送され、話題を呼んだ。
2015年1月には映画『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』が公開され、興行収入8.5億円を突破しヒットした。

現在、2019年1月に劇場版として『PSYCHO-PASS サイコパス|SS(sinners of the system)』三部作が連続公開予定の作品を監督として制作中。

応援団ランキング

  • yell ranking user icon1
  • yell ranking user icon2
  • yell ranking user icon3